セレブ=金持ちではない

セレブというと、多くの人の注目を集めるときの人であり、かつ、美しく洗練された人を思い浮かべるのではないでしょうか。
ですので世間一般的に指すのは、セレブ=金持ちではありません。
本物のセレブはお金があることをひけらかすようなことをしない人です。
お金持ちであっても、道徳心や世間のマナーをきちんと身につけていない人はセレブとは言えないと思います。
よく、芸能人で旅行の自慢、食事の自慢、着ている服の自慢、有名な友人がいることの自慢、家の豪華さの自慢などをSNSにさらしてセレブぶっている人がいます。
ブランドの服や装飾品で着飾って豪華な生活を自慢しなければお金があることを世間に認めてもらえない芸能人のSNSを見ると、そんな自慢でしか自分を誇れない可哀想な人という印象を持ってしまいます。
今どき一般の人でもインスタグラムやツイッター、フェイスブックで自分の豪華な生活を紹介して自慢している人が多くいますが、そのような人も本物のセレブとは言い難いと思います。
その人の人となりを見て、さりげなく上質な生活をしていることは垣間見れるけれど、あえてその部分は自分から出さない人、品と優雅さがある人が本物のセレブだと思います。
雰囲気や立ち振る舞い、話の内容からセレブ感というのは自然に湧き出ているのだと思います。
本当のセレブとご一緒すると、自分も品を持たないといけないなと思います。
私自身セレブとはかけ離れていますが、凛として美しく優雅で知的な人を目指す努力はしていこうと思います。