患者目線の心地いい最先端医療を提供する湘南鎌倉総合病院

湘南鎌倉総合病院は、神奈川県鎌倉市にある病院です。
医療法人沖縄徳洲会が運営しており、生命だけは平等であるという徳洲会の理念に基づき、年中無休24時間の勤めはもちろん、救急患者は決して断らないをモットーに地域の安全と安心を支えています。
湘南鎌倉総合病院では、新病棟移転をキッカケに、よりいっそう患者目線で病院を造ることに主眼を置いています。
緊急のリスクが高い心臓センターや脳卒中センター、お産センター等では、外来室から検査、治療、病室がワンフロアでとりまとめられ、患者の移動を最小限に抑えて身体的な負担の軽減と、迅速な対応が取れる体制を整えています。
また最新の放射線治療機器トモセラピーなど高度医療機器を導入した新病院の病床数は619床あり、災害にも強い免震構造で、屋上にはヘリポートを備えます。
救急診療部は従来の5倍に拡大し、手術室、血管カテーテル室に直行するエレベーターを備え、命に関わる治療をスピードを持って対処してくれます。
一方で、有能な人材の確保に力を入れており、常にモチベーションを高く、生きがいをもって働けるよう環境を整備し、「職員が働きやすい病院機能評価」ホスピレートの認証も取得しました。