泉卓真氏は生産者と消費者の新しい関係性を築き上げる

食品生産者が抱える問題として収益が低い傾向にあることが指摘されています。
その理由のひとつが「流通にかかるコスト」です。
生産者から消費者に商品を円滑に届けるためには通常平均にしてある7社ほどかかると言われています。
しかし、それだけ人の手に触れた商品はそこにコストが毎回発生するため値段を高くせざるを得ません。
そうすることによって消費者が気軽に購入することが出来なくなるというリスクも懸念されています。

そのような問題に着目しているのが泉卓真氏が手がける株式会社いずみホールディングスです。
株式会社いずみホールディングスでは生産者と消費者の間を出来るだけ近づけるための取り組みをしています。
そのための取り組みとは「新たなマネタイズポイントの創出」です。
通常卸売市場にしか売り場が無かった生産者に対して新たな市場を作り出すことに成功しました。

新しいプラットフォームとして、全国10,000店舗以上の飲食店や量販店に広告や情報を提供することによってプロモーション活動を行います。
さらに、地方自治体にもPRをすることで地方創生にも一役買っているのです。
このように、新しい生産者と消費者の形を株式会社いずみホールディングスは構築しています。