大手業者だからこそ実現出来る査定金額

日本のハイエースが世界中で人気な秘密の一つに「耐久性」が挙げられます。
基準として100,000kmが日本車輌の乗り換え対象だと言われますが、実際の耐久性においてはもっと高いです。
実際、海外では200,000、300,000kmを超えても現役で走り続けている車両はいくつも存在します。
そのため、たとえ100,000kmを超えたとして日本のハイエースは高値で取引される傾向にあります。

また、ディーゼルエンジンを搭載しているということも人気に関係しています。
ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの2パターンがあるハイエースですが海外で人気の高いのは圧倒的にディーゼルエンジンです。
ディーゼルエンジンは構造的にガソリンエンジンよりも頑丈のため、燃料も単価の安い軽油となっています。
また、エンジン耐久度も日本車特有の頑丈さを持っており、シンプルな機構のハイエースは修理も簡単です。

このように海外で人気の高いハイエースですが、高値で買取をするためには業者選びが重要になります。
速攻高値鑑定王は、輸出実績3,000台以上という商用車輸出日本最大級という規模を誇っています。
ロット単位で買取を行なっているため輸送費が削減でき、その分を値段に反映させることが出来ます。
だからこそ、大手業者だからこそ実現出来る買取金額が実現出来るのです。