ファクタリングは使い方次第で中小企業には有利

仕事をして相手企業から売掛金として残る場合があります。
その売掛金は、通常ですと売掛金の期日入金の時点で会計処理されますが、ファクタリング会社を利用して期日前入金が発生する場合は、また違った会計処理をすることになります。
期日前会計をする場合は、第3社のファクタリング会社が売掛金の肩代わりをしてくれますので、当然何らかの手数料をファクタリング会社に払わないといけなくなります。
手数料の分だけは損失になりますが、その分早期入金となりますので、資金難の企業にとっては非常にありがたい仕組みです。
ただ会計上は、期日前支払いとなりますので、早期入金となった時に手数料と実際の入金に関して現金と支払い割引料という勘定科目が発生します。
通常会計であれば、現金収入と売掛金の会計処理をするだけで、余分な支払い割引料などというものが発生しません。
一番大事なものは、こういった勘定科目の切り分けをする手間が発生しますが、現金がどのタイミングではいってくるかということが大事なことです。
経理上の処理が複雑になることよりも、売掛金を早期に処理することで、本業である仕事に専念できるのでこれに越したことはありません。
このあたりの詳しい説明は「ビジネスローン・ファクタリングで資金繰り改善」を参照して下さい。